Episode#01 [じゃんけん必勝法・其の一〜理拳の章〜]

「神はサイコロを振らない」〜アルベルト・アインシュタイン書簡集より〜
(アインシュタインが不確定性原理への反論にもちいた言葉。
 全ての情報が揃えば未来は完全に予測できるとアインシュタインは唱えた…)

人間の心理にはクセがあり、流れがある。
1〜10から…ひとつを選ぶとき、5つの色から…ひとつを選ぶとき、
そこには好みや、クセや、お題に対する「ヨミ」が存在する。
「なんとなくひらめいたから…」という曖昧な理由にも、
じつは無意識下での選択が働いており、純粋なランダムなどあり得ないのだ。
この章では、そんな人間の脳ミソがつくりだす「疑似ランダム」のカタヨリを突いた、
「必勝」とはいかぬまでも、「勝率」を高くする方法論を紹介する。

人物別確率記録作戦

学校、会社、仲間うちなど、同じ人物と、何年にも渡って複数回戦う時に有効。
ケイタイ電話のメモ機能などを使って、 人物ごとに「グーチョキパー」を出した回数を調べ、記録しておく。 相手に意識させないように、静かに観察、記録する姿勢が大切である。
こうして収拾したデータは、その個人のクセであり、 長期的に見れば分布が大きい「手」を出す確率が高いと言える。

たとえば、「グー2回、チョキ5回、パー3回」と、記録された相手と戦う場合、 最初は「グー」を出す、あいこになっても「グー」を出す。
無論負けることもあるのだが、それこそ確率の問題であり、 長期的視野に立てば、あなたの勝率は上がっているハズだ。

さらに押し進めれば、最初は「グー」で、次の手が「パー」の確率が高いなど… 複数回にまたがった分布データを抽出できると、一層効果的である。

また、アイコになった場合に同じ手を連続して出す確率にも個人のクセは出やすい。
アイコになった時、毎回「手」を変える人物、続けて出したがる人物など… 「手の連続性」に注目してデータを集める記録法も有効である。

この「確率記録作戦」の欠点としては、データの対象になっている個人の身辺に なにかしら根元的な「じゃんけん意識」(注5)を揺るがすような事象が起こると、 (拳固で何度も殴られるハサミで刺される指を負傷する…など) 「クセ」に影響を及ぼし、これまでのデータがまったく無駄になってしまうことである。

注5…「じゃんけん意識」について

人間の脳がじゃんけんの手を決定するときに使用する無意識の総称。
たとえば、「手の平にウオの目ができた」などの肉体テキなコンプレックスが生じると、 「パー」を出す確率は無意識的に下がるとされる。

▲ページの先頭へ

じゃんけん統計学利用作戦

初対面のヒトや、普段じゃんけんをしない関係のヒトに対して、 相手の容姿、性格、経歴などから、統計学的に出しやすい手を割り出して、 勝率の上昇を目指す方法論である。
いくつか実例をあげるので、合致した場面に出くわすまで記憶しておいて欲しい。

気合いじゃんけんは「グー

勝負がかったじゃんけんの場になるほど、ヒトは「グー」を出しやすいとされる。
これは「グー」が気合いを込めやすいことに起因する。

体育会系の人物は「グー

握り拳は気合いの象徴である。
ラグビー部のヒトや、小橋建太浜口親子は「グー」を出しやすいであろう。
ただし体育会系の人物は、一面において勝負師であり、じゃんけんの場数も多いので、 この「体育会系はグー」の法則を、体験を通して知っている可能性がある。
相手の人物像をよく見極めてから、対処したい。

冬の寒い日は「グー

寒い日のじゃんけんは、手をひらくのが億劫なので、「グー」が出る確率が高いという。

じゃんけん初心者は「グー

じゃんけんに不慣れな初心者は「グー」を出しやすいとされる。
グー」で負けても仕方ない…テキな割り切りを抱くヒトも少なくないようだ。

ひねくれものの「チョキ

斜に構えたところがある人物、ニヒルな人間は「チョキ」を出す確率が高いとされる。

お年寄りは「チョキ」がニガテ

関東型のチョキは指の器用さが、すこしだけ要求される。
また老人は勝負に対してタンパクになっており、「グー」か「パー」を出す確率が高い。

天然系は「パー

つねにかわいくありたい女性は「パー」に、その人間性を表すクセがあるとされる。

おこさまは「パー

5才未満の幼児は、手先の神経、勝ち負けに対する意識が未発達である。
「じゃ〜んけ〜ん」のかけ声の時は手を握っていて、 「ぽ〜ん!」の時に手を開くといった単純な動作を、つい行ってしまう確率が高い。

じゃんけん上級者は「パー

総論として、じゃんけんは勝負事であり、 おしなべれば、「気合いのグー」を出す確率がいちばん高いのである。
同時に「グーが多い」ことに気づいていて、「パー」で勝負するヒトも多いのである。
パー」を出しておけば、「グー」に対しては勝利、「パー」に対してもアイコであり、 よって上級者にとって「パー」は無難な選択とされている。

ここで裏をかいて「じゃんけん上級者にチョキを出す作戦」は当然存在する。
ただし、その裏をかいて「グー」というヨミのステップには、なかなか至らないものである。
裏の裏の裏を突こうとする思考は、堂々巡りに陥り、 キリがないし、考えすぎの自分がアホらしく感じてくるものだ。
(こうして思考の袋小路に至った上級者は「パー」を出すことが多い…)

フツーのヒトは気合いのグー」→「裏をかいてパーを出す上級者」→ 「その裏をかいてチョキを出す超上級者」…裏読みはココで終わりである。

「裏の裏」はあっても「裏の裏の裏」はナイと覚えておこう。

▲ページの先頭へ