インディーズゼロ祝10周年
ホーム会社について仕事について吉祥寺について
開発ソフト紹介スタッフの一日じゃんけん必勝法
スタッフの一日
プログラマ グラフィッカー プランナー
※このインタビューは2007年当時のものです。
松本: トイレ、顔洗い、寝癖を直す。朝食は食べないし、テレビも見ないので、ギリギリまで寝てます(笑)そしてビタミンCのアメなどをなめながら出社という感じです。
本間: 自転車で通勤なので、まず窓を開けて、雨が降っていないか確認します。
朝ごはんはお弁当を作りながら、つまみ食いする程度です。
松本: 今年発売されるDSのソフトのインターフェイスデータを作っています。
他のグラフィックデザイナーさんがフォトショップ、イラストレーターで制作したものを使って、実際のゲーム用のデータにする仕事です。
ひとつ前の仕事では、商品全体のデザイン統括管理をやっていました。
本間: 各画面のデザイン作成をしています。
イメージが固まったらグラフィックデザイナーの人に渡すという作業をしています。ひとつ前の仕事では、「オシャレ魔女 ラブ and ベリー DSコレクション」のインターフェイスデザインをまとめる仕事をやっていました。
松本: 仕事中は、他の人が作業をしているところに水をさすのも悪いので、簡単な連絡はメッセンジャー、大切な連絡はメールを使って常に情報のやりとりをしてます。
あとは休憩している時間に、他愛のないバカ話ですかね(笑)
本間: コンビニでカロリーメイトのポテト味を買ってきて、それをみんなにおすそわけして、「この味はどうなのか!?」など仕事とは全然関係ない話をしたりして、息抜きをしています。
松本: オリジン弁当を買って来て、和室で食べます。
1時間の休みを30分でご飯を食べて、残りの時間をゲームをやったりして過ごします。
本間: 最近はお弁当を作ってきているので社内で食べています。
入社当初は鈴井さんたちとランチを一緒に、色んなお店に行っていました。
「吉祥寺はいい街だなぁ!」なんて思いながら、休日もそのお店を使ったりしていましたね。
松本: 自分で作ったデザインが商品として売られているところ。
そしてユーザーが一番、目にするところを作っているので、それを見ていただける事にやりがい、楽しさを感じますね!
自分の考えや、意見がゲームに取り入れられるところにもやりがいを感じます。
本間: 試行錯誤を繰り返して、完成した時!
自分のデザインしたものが実際にDSに表示されるのが嬉しいですね。
松本:

自分で考えるタイプなので、ひたすら考える。
それでもダメなら、周りのグラフィックデザイナーさんに相談して、他の人の意見を取り入れます。他の人の意見を取り入れることで、それ以上行き詰まることはありません。

本間: 私も同じです。他の人に相談して、そのアドバイスを自分なりにまとめて画面に反映させてます。
松本: コンビニに寄って、帰ったらインターネットで情報収集やゲームをやっています。
あとは落書きをして、絵の練習をしています。
仕事が忙しいときは次の日に備えてすぐ寝ます。
本間: 自宅まで自転車で30〜40分かかるので、その帰り道に一日を振り返り反省しています。そして自宅に着いたら、知人にメールをしたり、プライベートな時間を過ごしています。
松本: 一日の反省とか、次の日の仕事の流れをまとめてから寝ます。
考え出すと寝れなくなるのでほどほどにしていますけどね(笑)
本間: 休日の過ごし方を考えています(笑)
休日は動物公園にいったり、デジカメを持って外をぶらぶらしています。
「今週末の予定楽しみだな!」なんて思いながら寝ています。
インディーズゼロについて

ここからは一日の流れとは少し志向を変えた質問をしてみました。初心に返る意味も含めて、入社した当時を振り返ってもらいながら 「入社のきっかけ」「会社に対しての第一印象」を答えてもらいました。それと日頃はなかなか口には出せない、改めて考えてみるとちょっと返答が難しいようなことにも答えてもらいました。
これでインディーズゼロがどんな会社なのかがよーく分かると思います!

松本: 昔から絵を描くことが好きで、高校時代進路を決めるときに、絵が書けてゲームに携われる仕事といえばゲーム会社だなと思い、ゲームのグラフィックデザイナーを目指して専門学校に進学することを決めました。
そして専門学校が途中で倒産するなどあって結局卒業はできなかったんですが、就職をしなければいけないのでインターネットでゲーム会社の求人一覧を見て、50音順で上の方にあったこの会社を受けたのがきっかけです(笑)
本間: 小学2年生の姪がいるのですがとっても可愛くって、その姪が喜んでくれる仕事をしたいと思って、ゲーム業界を選んだのがきっかけです。
去年、「オシャレ魔女 ラブ and ベリー DSコレクション」の開発に携わって念願が叶いました。
松本: 自分の作ったものが世に出たとき、嬉しかったですねぇ。
「これがインディーズゼロなんだ」と。インディーズゼロに入社できたおかげでゲームを作れたんだなと思いました。
本間: 社長との距離が近いこと。普通の会社だと社長とは話せないし、会うことすらあまりありませんからね。
全体会議で社長も含め、全員で情報を共有するところが印象的でした。会社全体の雰囲気がいいのも印象的でした。
松本: 自分を表現出来る場所。
自分の描いた絵が世の中に出る、自分と世の中をつなぐパイプみたいなもの。
本間: 居心地のいい場所。
プライベートと仕事を両立できる会社。
松本: 気さくな会社なので、気になったらガンガン応募してください。
これから先、発展していく会社だと思うので、今入っておけば美味しいですよ!
先日は、1泊2日の社員旅行で那須高原にみなで行き、楽しかったです。
本間: 会社っていうところは長い時間過ごす場所なのでインディーズゼロならその時間を気持ちよく過ごせます!
それと、インディーズゼロは言われた事だけをやっていればいいという会社ではないのでそれをやる理由と目的をしっかり考えてくれる人に来ていただきたいです。
このページのTOPへ
有限会社インディーズゼロ
 (C)1997-2017 indieszero ALL RIGHTS RESERVED.